不動産経営に役立つ不動産管理システム|初心者でも安心

家賃の立て替え支持の理由

紙幣

安定収入と入居率のアップ

賃貸物件を経営するオーナーの方の多くが、家賃保証のシステムを選んでいます。そもそも、この家賃保証とはどのようなものかといいますと、入居者が家賃を滞納してしまい、期日までにお金が入らない時に、その家賃分を立て替えてくれるシステムのことです。家賃保証会社と契約することによって、何かで滞納が発生した時に、この家賃保証が行われる仕組みになっています。このため、定期的に家賃収入が入ることになり、オーナーの方にはメリットが大きなシステムです。また家賃だけでなく、たとえば入居者退去時の際の、原状回復のクリーニング代なども保証してもらえます。こういう理由から、賃貸経営を考えている方には、この家賃保証は大きな支持を受けています。また、入居する側に取っても、連帯保証人を立てずに入居できますので魅力があります。特に高齢者や外国人が入居する場合、連帯保証人不要というのはとてもありがたいことです。このため入居率が高くなるという点もまた、オーナーに取ってはメリットが大きいといえます。仕組みとしては、まず入居者が保証料を家賃保証会社に払います。そのうえで、会社とオーナーが契約を結び、滞納が発生した時に、立て替えをしてもらうというわけです。もちろん会社によって、保証料や滞納発生時の振込日は様々なので、それぞれの経営方針に合った会社を選ぶようにしましょう。また家賃保証だけでなく、物件を一括借り上げする方法もあり、その場合は空室も保証対象となります。