不動産経営に役立つ不動産管理システム|初心者でも安心

管理会社の再検討

アパート

自由に選べる管理会社

マンション投資を行うときには不動産会社に仲介を依頼して物件を紹介してもらい、売買契約を締結して手に入れるという流れになるのが一般的です。そのときに不動産会社からマンション管理についての提案をされることが多く、その不動産会社にマンション管理を委託してしまうことがよくあります。手練の不動産会社との取引の場合には自然な流れでマンション管理を委託してしまっていることも珍しくありません。それが当然のように考えてしまう人もいるのが事実であり、そう思わせるように営業トークを行う不動産会社もいるでしょう。しかし、管理会社は自分で選ぶことができるため、マンション管理のあり方について疑問を持つようになったら再検討してみるのが賢い考え方です。マンション管理がどのように行われているかによって入居者の集まり方や住人の快適さにも違いがあります。入居者募集の営業能力の高さが入居希望者の多さに大きな影響を与えるのは明らかでしょう。日常的に行われている清掃や点検が行き届いているか、家賃の入金方法の選択肢が多いか、トラブルが発生したときの対応が早いかなどといった点で住人の印象も大きく変わります。マンション管理が不十分な影響で空室が目立ったり、入居期間が全体的に短かったりすることは珍しくありません。他の業者に切り替えてみることによって管理体制が変わると大きな変化がもたらされる可能性があるため、管理会社の再検討は重要な観点なのです。